センター案内

センターについて

理事長あいさつ

 沖縄県建設技術センターは、昭和58年3月に県及び全市町村の出捐により設立され、平成26年4月からは一般財団法人に移行し、非営利法人の公的機関として、「良質な社会資本の整備と秩序ある地域社会の健全な発展を目指し、それらを担う人材の育成、社会資本の整備や維持管理および安全・安心な住環境の実現への支援等を行い、もって広く県民の福祉の増進に寄与する」ことを目的に掲げ、建設行政を補完・支援するための各種事業を展開しております。
 試験研究部門では、公共工事等に使用する建設材料の品質確保に向け、信頼性の高い公的試験機関としてコンクリート等の材料試験を年間約2万件実施しております。また、建設リサイクル資材評価認定制度(ゆいくる)の運営委託を受け、建設リサイクル資材の利用促進に取り組み、これまでに500種以上の資材がゆいくる材に認定されております。他には、調査研究事業を実施しております。
 技術部門では、県発注の南部東道路や都市モノレールの延長事業など主要事業にかかる積算・工事監督代行、一般競争入札における総合評価方式による工事の技術審査を支援するとともに、市町村では地域一括発注方式による橋梁定期点検業務を支援しております。その他、公共土木施設台帳管理事業、電子納品審査業務等を実施しております。
 建築部門では、建築確認・検査に加え、住宅性能評価、構造計算適合性判定等の事業を実施し、県民へのサービス提供に努めております。
 さらに、研修事業を公益事業として掲げ、自治体や民間の技術者を対象に建設材料品質管理研修や災害復旧事業技術講習会等を無償で開催し、年間千名を超える技術者が受講しております。
 当センターでは、引き続き、本県の建設行政への技術的支援や建設材料の適正な品質確保、安全・安心な住環境の提供に努めて参りますので、今後とも関係各位のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月1日
rijityou⑥

目的

 センターは、良質な社会資本の整備と秩序ある地域社会の健全な発展を目指し、それらを担う人材の育成、社会資本の整備や維持管理及び安全・安心な住環境の実現への支援等を行い、もって広く県民の福祉の増進に寄与することを目的とする。

事業

(1)建設事業に関する技術及び事務の研修・情報提供

(2)建設事業に関する調査研究及び建設資材の試験、検査

(3)社会資本の整備に関する設計、技術審査、積算、監督及び調査・維持管理

(4)安全・安心な住環境を実現するための建築物の確認・検査、判定及び住宅の供給に資するための審査、
   検査、証明、評価等

(5)その他目的を達成するために必要な事業

概要

名称 一般財団法人沖縄県建設技術センター
設立年月日 昭和58年3月28日
移行年月日 平成26年4月1日
基本財産 30,000,000円
沖縄県出捐金 18,000,000円
市町村出捐金 12,000,000円
所在地 寄宮庁舎
〒902-0064  沖縄県那覇市寄宮1丁目7番13号
【総務部・試験研究部】
TEL:(098)832-8442
FAX:(098)833-3306
普天間庁舎
〒901-2202  沖縄県宜野湾市普天間1丁目2番16号
【技術部】
TEL:(098)893-5324
FAX:(098)892-2380
【建築部】
TEL:(098)893-5611
FAX:(098)896-2702

組織図

center_chart

所在地マップ

寄宮庁舎
【総務部】
TEL:(098)832-8442(代表)
FAX:(098)833-3306
【試験研究部】
TEL:(098)833-4196
FAX:(098)836-5432
普天間庁舎
【技術部】
TEL:(098)893-5324
FAX:(098)892-2380
【建築部】
TEL:(098)893-5611
FAX:(098)896-2702