建築関係

住宅瑕疵担保責任保険業務

住宅瑕疵担保責任保険等について

●まもりすまい保険

当該保険は住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、保険付保住宅が基本構造部分の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合、被保険者である住宅事業者が住宅取得者に対し瑕疵担保責任を負担することによって被る損害について、保険金をお支払いするものです。
詳しくはこちら住宅保証機構株式会社ホームページへ

●住宅瑕疵担保責任保険をご利用されている住宅事業者様へ
●住宅完成保証制度

この制度は、住宅建設工事を受注した中小企業である住宅建設業者(住宅保証機構への登録業者)が、倒産等により工事を継続できなくなった場合に、保証契約の範囲内において、住宅保証機構が保証金を支払うことにより、お客様が最小限の追加費用で住宅を完成できるようサポートする制度です。
制度詳細はこちら 住宅保証機構株式会社ホームページへ

●地盤保証制度

この制度は地盤調査会社等によって地盤調査や補強工事が実施された住宅が、その地盤調査や補強工事の瑕疵によって、不同沈下した場合に補修費用等の一部が保険金として支払われるようサポートする制度です。
詳細はこちら住宅保証機構株式会社ホームページへ

設計施工基準第3条に係る確認について

平素からまもりすまい保険をご利用いただき有り難うございます。
さて、まもりすまい保険の設計施工基準につきまして、第3条の規定に基づき、「沖縄県における鉄筋コンクリート造の屋根等に用いる防水仕様」を用いることにより、設計施工基準の一部の条項を適用除外とする取り扱いができることとなっておりますのでお知らせいたします。
詳しくは、次の「設計施工基準第3条に係る確認について」をご覧下さい。

設計施工基準第3条に係る確認について
該当する防水仕様を用いる場合は、保険契約申込時に、「平成21年7月1日付けの住保機確認第09-117号の通知文(3条確認書)」および「沖縄県における鉄筋コンクリート造の屋根等に用いる防水仕様(3条確認小目)」を添付することで、沖縄県内においては設計施工基準の一部の条項の適用を除外することができることとなっております。例えば、防水工法や排水勾配等の規定が緩和されることとなります。

※参考
別添確認書の「メンブレン防水」とは?
「メンブレンは薄い皮膚という意味で、薄い防水層で屋根など広い面積を全面に被う防水方法。塗膜防水・シー ト防水・アスファルト防水など」をいいます。