材料試験

その他試験

鋼材試験の概要

鉄筋コンクリートに用いる異形棒鋼の引張り強度および曲げ強度試験を行っております。

試験項目

鉄筋コンクリート用棒鋼
継手の引張り試験(φ10~φ22)
継手の引張り試験(φ25~φ38)
引張り試験(φ10~φ22)
引張り試験(φ22~φ38)
曲げ試験(φ10~φ38)

○ 継手の引張り試験については、破断強度のみとなっており、降伏点の値は測定しておりません。
○ 依頼される試験片については、全て依頼者側からの持ち込みのみを対象としております。
○ 依頼される試験片の長さや形状により、試験が実施できないこともございます。
○ 通常、試験片は、全て試験終了後は廃棄となります。試験後、試験済み試験片のお引き取りを希望される場合は、試験依頼書の引き取り欄にその旨記載、または事前にご連絡下さいますようお願いします。

鋼材の引張り強度および曲げ強度試験

○ 鋼材の引張り強度および曲げ強度試験は、JIS Z 2241、 JIS Z 2248に基づき行っております。
○ 試験片の長さは、下表の長さでお願いします。
○ 継手を有する試験片及び規格がSD390以上の生材(継手なし)試験片については曲げ試験を行うことができません。

種別 D10~D16 D19~25 D29~D32 D35~D38
素材 引張り 600 650 700 700
曲げ 500 550 600 650
ガス圧接継手 引張り 600 650 700 700
フレア溶接継手 引張り
機械式継手 引張り

試験依頼から結果報告までの流れ 

試験に係る手数料

(1)手数料の納付については、沖縄県証紙をご利用下さい。現金等による納付はできません。沖縄県証紙売りさばき所
(2)手数料については、手数料一覧表をご覧ください。
(3)原則として試験に着手した場合は、手数料の返納には応じられません。

石材・割ぐり石試験の概要

土木、建築工事に使用する石材(琉球石灰岩、古生層石灰岩など)の品質・物理的性質を確認するための試験を行っております。

試験項目

試験内容 試料数
石材の圧縮強度試験 3個/1組
石材・割ぐり石の比重吸水率試験 同上

○ 依頼される試料については、全て依頼者側からの持ち込みのみを対象としております。
○ 試験依頼方法については、本項目最後に記載しております。
○ 通常、試料は、全て試験終了後は廃棄となります。試験後、試験済み試料のお引き取りを希望される場合は、事前にご連絡下さいますようお願いします。
○ 鉱山より採掘した石材に関しては、採掘に関する施業案認可書(沖縄総合事務局)の提出をお願いします。
○ 輸入石材に関しては、輸入許可書等(沖縄地区税関)の提出をお願いします。

石材の圧縮強度・比重吸水率試験

石材・の圧縮強度・比重吸水率試験 

○ 石材の圧縮強度・比重吸水率試験は、JIS A 5003に基づき行っております。
○ 供試体の形状は、幅10×厚さ10×高さ20cmとなっております。
※JIS規格形状ではありませんが、φ10×20cmでも試験可能です。

圧縮強さによる区分(JIS A 5003、5006)

種類 圧縮強さN/cm²(kgf/cm²) 参考値
吸水率(%) 見掛比重(g/cm³)
硬石 4903(500)以上 5未満 約2.7~2.5
準硬石 4903(500)未満981(100)以上 5以上 約2.5~2
15未満
軟石 981(100)未満 15以上 約2未満

試験依頼から結果報告までの流れ 

試験に係る手数料

(1)手数料の納付については、沖縄県証紙をご利用下さい。
現金等による納付はできません。沖縄県証紙売りさばき所
(2)手数料については、手数料一覧表をご覧ください。
(3)原則として試験に着手した場合は、手数料の返納には応じられません。